【佐久島】日本離島とことこ旅日記

アートの島って聞いたことありますか?
 
自分は美術専門学校に通っていたので人一倍興味をそそられるワードです。
 
それが名古屋の南に位置する佐久島です。
 
どんな島か訪れてみました。
 
宿泊予約は楽天トラベルが便利です

 

<佐久島訪問地>

1.佐久島へのアクセス・島内移動方法

2.西港周辺観光スポット

3.東港周辺観光スポット

□佐久島
佐久島へのアクセス・島内移動方法
 

名古屋から車で約1時間、南に位置する一色港からフェリーが出てます。

港には約900台も台収容可能な無料駐車場があります。

そこからフェリーで約20分片道830円で佐久島に到着します。

時刻表




 

<島内移動方法>

一般的にはレンタル自転車になると思います。

島内にはレンタル自転車が数軒ありますが、どこも値段は一緒です。

料金は1回PM5:00まで1000円です。

歩いて西港から島の東の端までは約40分です。

西港と東港周辺どちらがおススメかというと、個人的には西港周辺です。

というのも西港にある黒壁の集落があります。

規模は大きくないですが、迷路のようになっていて、とても風情があります。

そして佐久島で有名なボックスのアートなんですが、西港、東港共にあるので西港がおススメです。

海水浴を楽しみたい方は東港になりますが・・。

続きを読む 【佐久島】日本離島とことこ旅日記

<日本一周ブログランキングに参加中>
「日本一周バナー」をクリックすると順位がアップ♪
クリックで応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

【渡嘉敷島(沖縄)】日本離島とことこ旅日記

前日、久高島から日帰りで戻り、沖縄本土で1泊。
そして、渡嘉敷島へ向かいます。
 
<沖縄本土の宿泊施設>
翌日泊港からフェリーで離島に向かうのにいつも利用する沖縄本土の宿泊施設がゲストハウス「マイプレイス」です。
 
 
基本ドミトリーの宿です。
個室の部屋は狭いですが2人で合わせても個室を1泊3,000円くらいで泊まれます。
 
 
共有スペースも広く、他の旅行者との情報交換もしやすく、さらに泊港まで歩いて5分です。
 
離島へ行く時は特におススメ宿です。
 
「マイプレイス」の宿泊予約は楽天トラベルが便利です

 

<渡嘉敷島訪問地>

1.渡嘉敷島へのアクセス・島内移動

2.港の見える丘展望台

3.阿波連ビーチ

4.喰呑屋バラック

5.阿波連岬園地

6.渡嘉志久ビーチ

□渡嘉敷島
渡嘉敷島へのアクセス・島内移動
渡嘉敷島へは事前にフェリーをネットで予約しておくことをおススメします。

渡嘉敷島へは泊港から出ています。

少し遅いフェリーは1日1便、高速船は1日2便の運航。

泊港 1 10:00 定刻
渡嘉敷港 1 15:30 定刻

<高速船マリンライナーとかしき>

泊港 1 09:00 定刻
渡嘉敷港 1 10:00 定刻
泊港 2 16:00 定刻
渡嘉敷港 2 17:00 定刻

<料金>

フェリーとかしき
  片道 往復
大人 1,690円 3,210円
小人 850円 1,610円
※所要時間約1時間10分

※フェリーとかしきは「車・バイク・自転車」の積み込みが可能です。
自転車片道330円、車の場合は大きさに寄ります、片道6,670円からです。

高速船マリンライナーとかしき
  片道 往復
大人 2,530円 4,810円
小人 1,270円 2,410円
※所要時間約40分

運航の決定は毎日朝8時となります。

※離島へのフェリーはものすごく揺れる事があります。
泊港で船酔いの薬を買う事をおススメします。


渡嘉敷島の時は揺れませんでしたが、他の離島へ向かう途中船酔いして寝込んでしまいました。




 

<島内移動>
慶良間諸島で一番大きい渡嘉敷島での移動は、基本的に徒歩ではなく車またはバイクになります。

島内坂道が結構あります。

自分は「民宿かりゆし」でレンタバイクで周りました。

レンタル代(当日返し)
自転車 1800円
50ccバイク 3000円
100ccバイク(2人乗り) 3500円
5500円

ネットで予約すると10%引きで借りれます。

<公共バス>
船の発着時間にあわせて運行されていて、港から阿波連ビーチまで約15分。

片道400円(大人)/ 200円(小人)。

<タクシー>
渡嘉敷村内唯一のタクシー事業所は、上記レンタカー事業も行っている「米浜交通」です。

一番有名な阿波連ビーチまでは1760円です。

グループで割り勘すればお得な交通手段です。

続きを読む 【渡嘉敷島(沖縄)】日本離島とことこ旅日記

<日本一周ブログランキングに参加中>
「日本一周バナー」をクリックすると順位がアップ♪
クリックで応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

【沖縄・久高島】~日本離島とことこ旅日記

今までこの旅ブログで紹介した沖縄の離島は8つ。
 
その沖縄すべての聖地と言われる久高島を訪問しました。
 
《島の概要》

『久高島(くだかじま)』は・・
琉球の始祖“アマミキヨ”が降臨したと云われ、「神の島」としても名高い由緒ある島。
古き琉球王朝時代から、五穀発祥の地として神事がおこなわれ、歴代の琉球国王は欠かすことなく久高島を参詣しました。

宿泊・レンタカー予約は楽天トラベルが便利です

 

<久高島訪問地>

1.久高島へのアクセス・島内移動

2.イザイガー・ミガー

3.フボー御嶽

4.カベール岬ハビャーン

5.メーギ浜

6.売店事情

□久高島
久高島へのアクセス・島内移動

久高島へは沖縄本島から船で約20分でアクセスできます。

まずは沖縄本土の安座真港(あざまこう)までレンタカー,レンタルバイクか路線バスで向かってください。

》》レンタカー
那覇空港周辺から“安座真港”までおよそ50分。
安座真港には無料駐車場があるので便利です。

》》レンタルバイク
自分は沖縄本土がオンシーズンで安いレンタカーでも6000円の時、より安いレンタバイク(約1800円~)で港に行きました。


レンタバイク「ジャスミン」HP
Tel:0988595653

その那覇で借りたレンタルバイクをフェリーに乗せて島内を観光。
<バイクフェリー積み込み代別途1260円(往復)>




 

》》路線バス
那覇空港からは、那覇都市モノレール(ゆいレール)でおよそ10分の旭橋駅(あさひばしえき)へ行きます。

旭橋駅に隣接した那覇バスターミナルから安座真サンサンビーチ入口までおよそ1時間。

そこから上泉(かみいずみ)というバス停(徒歩1~2分くらい)で38番バスに乗ります。

38番は1時間に1本~2本の間隔で運行しています。

》》久高島内移動
一般的には島内でレンタル自転車を借りる事をおススメします。

どこで借りても値段は一緒で2時間で600円、3時間で900円、1日で1,000円です。

島の端から端までは3.5kmで自転車だと15~20分くらいです。

歩きだと片道1時間位は見てた方がいいでしょう。

島は坂道が少なくて比較的平坦です。

暑い時は倒れそうになるくらい暑いので、中には観光を諦めて日陰でボーっと次のフェリーを待つ人達もいましたよ。

久高島のレンタルサイクル
お食事処さばに 徳仁港待合所 貸し自転車たまき
098-948-3893 098-948-2842 098-948-2291



□久高島
イザイガー・ミガー

沖縄で「ガー」とつく場所は井戸を意味しています。

ここイザイガー・ミガーも現在は使われていませんが井泉として使われていたようです。

この辺一帯がトトロが出てきそうな植物のトンネルができています。

ガーの入り口は左右の草木がいい感じに生えています。

この辺りの海岸は大きなむき出しの岩があちこちにあり、その岩の陰が休憩スポットになります。

海岸線沿いに歩くと同じような景色がずっと続きますが、その度にそこに生息する魚やカニなどの生き物が一斉に身を隠します。

結構大きなカニや魚が目の前にいるので、歩くと面白いと思います。

久高島ではメーギ浜が有名ですが、日よけが全くなく、砂浜の砂が粗いんですよ。

海岸線を歩き、自分の海水浴場を見つけるのもいいかもしれませんね。




続きを読む 【沖縄・久高島】~日本離島とことこ旅日記

<日本一周ブログランキングに参加中>
「日本一周バナー」をクリックすると順位がアップ♪
クリックで応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

【猿島】日本一周とことこ旅日記

神奈川といえば、みなとみらいの都市風景や箱根、湘南などが良く取り上げられますが・・

今回は横須賀の中心地からフェリーで行ける、東京湾に浮かぶ唯一の無人の自然島、猿島を紹介します。

<歴史>
猿島はかつて旧日本軍の要塞だった島で民間人が入れる場所ではありませんでした。

第二次大戦後フェリーが航行してからも大規模な開発が行われていない島です。

そのため島内には豊かな自然と、旧日本軍の歴史的建造物が残り独特な雰囲気があります。
 

<猿島訪問地>

1.猿島へのアクセス

2.猿島の見所

□猿島
猿島へのアクセス

フェリー乗り場へ

京浜急行線の横須賀中央駅より徒歩15分ほどの場所にある三笠公園内にある新三笠桟橋から、フェリーで約10分。

発着場は三笠公園奥の金網のゲートの先にあります↑

三笠公園周辺は有料駐車場ですが、バイク・自転車は公園無料駐車場があります。

料金
フェリー代と入島代が必要です。

猿島行きのフェリー

横須賀市民と市外の人では料金が違います。

最大1000円の差がありますね(゚Д゚;)↑

フェリーの時間

猿島行き 帰り

9:30~
(1時間おきに運行)

最終16:30

9:45~
(1時間おきに運行)

最終17:00

※猿島は宿泊施設はなく、キャンプ泊も不可なので日帰りしかできません。




□猿島
猿島の見所

猿島に上陸。

猿島自体はそんなに大きな島ではないので、1時間ほどで探索することが出来ます。

猿島の主な楽しみ方は・・
・猿島海岸と長浜海岸で海水浴(コロナ感染予防で現在休止中)
・BBQ∼島内でBBQ機材を一式、レンタル可能(食材はなし)
・磯釣り
・要塞跡散策
・・・となっています。

今回は散策を楽しみました。


猿島の桟橋すぐに売店と休憩所があります↓

5月後半に行ったんですが暑くて・・。
散策を終えた人達でベンチはほぼ満席状態。

売店から5分ほど島内へ歩くと、すぐに日常とは異なる世界が待ってます。

壁に生えたコケがいい雰囲気を出しています。



赤色の壁と緑のコケそしてレンガ作りのトンネルがコラボ共演しています!
 
 
壁に象形文字のような落書きも個人的に大好き!
 
 
長いトンネルではありませんが、レンガ作りなので風情を感じます。
 
基本、壁のコケとトンネル、レンガの雰囲気が見所です。
以前ひとり旅で行ったカンボジアのシェムリアップにあるベンメリア遺跡ほど朽ち果てた雰囲気が圧倒はしてはいません。
 
でも貴重な史跡です。
 
散策コースの中で旧要塞跡がある所は一部なので海外で遺跡巡りの経験のある人は少し物足りなさを感じるかもしれませんね。
 
トンネルを抜け島の反対がに行くと磯があり、釣りを楽しんでいる人達もいます。
 
 
戦争の爪痕残る無人島で日常とはちょっと違う景色を見てはいかがでしょうか?
 
 
猿島を観光後には横須賀の「どぶ板通り」で買い物や戦艦がある三笠公園でものんびりしてはいかがでしょうか。
 

 

 

この記事が少しでもお役にたてばご支援よろしくお願いします

ご支援のご案内

●日本一周とことこドライブ
この旅ブログが皆さんの旅を豊かになるお手伝いが出来たら幸いです!
日本一周後の今は主に日本離島巡り中。

次回は沖縄・久高島をお届けします。

企業様からの旅企画をお待ちしております。

旅ナビゲーターMr.アパッチがお届けしました
Mr.アパッチは横浜を拠点に日本一周を達成。
行ったきりの旅ではなく・・
横浜に戻り、まとめて仕事をして、月単位で旅をしています。
そんな半ノマドなスタイルです。
このブログが皆さんの旅ライフの参考になればと思います。
※参考記事
地方への飛行機はアメックスマリオットカードとモッピーで貯めた無料などの飛行機マイル使用。
詳しくは→モッピーマリオットカード記事参照

「MrapatchTV」
YouTubeチャンネル登録お願いします。
http://goo.gl/wq8mC4

LINEスタンプ販売
http://line.me/S/sticker/1388751

#日本一周
#猿島
#おすすめ
#スポット
#離島巡り

<日本一周ブログランキングに参加中>
「日本一周バナー」をクリックすると順位がアップ♪
クリックで応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村