「オーストラリア」タグアーカイブ

オーストラリア旅…かんぱい

今回の旅も… 楽しいが…疲れた…^^; 虹のダーウィン…カランベイ オーストラリア2日目に… 同じ宿の… 60歳位のイギリスの白人マダムに声をかけられ… その後レストランで… マダムだけが豪華なご飯を食べるのに付き合ったら… いつの間にかいなくなり… 水しか頼んでないお金のない僕に… 請求が来そうになった… 次の日同じ宿で会ったら… “用事があったから帰った”と… エアーズロック…ハエ対策で洗濯網をかぶる^^; (; ̄O ̄)はあっ?! この白人マダムの騙しパターンは始めてだなぁ(ーー;) インドではありえますが… アジアの1人旅しかしてない自分… オーストラリアは… 白人という無人島に来たみたいな… 無人のロッキンハムのビーチ… その中でたくましく不自由な英語で働く若人… 何かを得ようと経験を求めて彷徨う姿勢は… 経験していない自分にとっても彼等と同じ様… 途中まで一緒だった… ヨーロッパバックパッカー彼女らも旅人… 新しい事を経験する度に… 過去の経験と比べ… 違う経験を求め… 人生の新たな指南をさがしてるのかな… …静かなカタジュタ…砂漠の水… 今回の旅で出会って聞いた… ヨーロッパの話… そして…アフリカの話… たまたま聞いた話だけど… メッセージをうけとったようでした… アフリカか…ちょっと考えよ^^; クレイドル山にて…オマージュ雪竹太郎 もっと英語が話せたらなぁと… 語学の勉強にも意欲が湧いてます… 3ディアボロ…も^^; バランスをとりながら…励もう サーファーズパラダイスにて… 物価の高いオーストラリア… 楽しむのにお金がないんではなく… 想像が足りないのかな… ダーウィンで$3でみた夕日はあまりにもシンプルすぎました。 そして世界平和も… 想像が足りないのかな…険しいが… 登れる山なんでしょう… クレイドル山にて… 毎年の1人旅… 誰かと相談せず… 判断し、決断し、行動し… 迷いながら…トラブルもあり… 行動を決めるいい機会… 自分の判断した行動を応援したくなるような行動を積み上げてるような… クレイドル山にて…小さい小さい石を ありがとう! オーストラリア!! 自然のスケールに完敗^^; 近日…西表島旅行記へ…

続きを読む オーストラリア旅…かんぱい

オーストラリア旅…メルボルン

さぁ帰国前の街メルボルン…

アジア人の多さに戸惑いを感じます(・・;)

なんか…
今まで駆け足で各都市を周り…
歩きまくり…
帰国真近で…観光気分も薄れ…
急に練習したくなりました( ̄^ ̄)ゞ



あっ…スティック折れた(ーー;)
最後でよかったけど…
ライブラリー前。

仕方ない…観光するか…

しかもなんかフェスっぽい^^;

たまたま
…おっサーカス!

サウスバンクあたりが賑やかです^ ^

財布に$20しかないので…
フリーで楽しめる…
…美術館へ

しかし…
オーストラリア程大道芸の盛んな場所はないんじゃないかな…
サウスバンクのリバーサイドには…
5mおきに何かしてるし…
サーカスアクト

1日中ここにいれる感じです^^;

スプレーアート

いや~うまいなぁこの人^^

おおっ!!!!
ブッチリード!!!

“なんでここにおるんや~”

関西弁を喋る…パフォーマー!
オーストラリア出身だったの?!
…なるほど。

“グッダイ!”

充実した一日だった^^

さぁ帰国しょ!
ありがとうメルボルン!!

米…食べたい。
1ヶ月食べてないしね(⌒-⌒; )

オーストラリア旅…クレイドル山

クレイドル山には安宿は1つ。
Discovery Hollyday parks cradle mountain
1泊$32

国立公園近くで山までの無料シャトルバスがありますが…
たまたま個人の車に同乗でき…

なぜか有料の国立公園スルーです。
人もいないしゲートも勝手に開いて…
国立公園によってはユルいみたいです。

全く頂上行く気はなかったんですが…
1人ではないので…


あの山の頂上目指すことに(O_O)
標高1500m…
片道4時間のルート。


平坦なブッシュ群が続きます。
自分が小さいf^^;)
いや~広い!!!
タスマニア!!!


アンデルセンの物語にでてきそうな木々…


途中の湖ウォバットプールかな…休憩

クレイドル山の散策は…
盆栽の中に自分がいるみたいです。


さらに険しく…チェーンを頼りに(^^;;


…頂上が近くなった^
^;

ある所から…
歩く景色が変わり…さらに険しく^^;


おおっ^^;
危ないけど…楽しい…

足の長さが違う外人は歩くのが速い^^;

その険しい山を越えて行きます(O_O)

この険しさ…本当楽しい(^^;;

1歩間違えるとヤバイですが…
岩も本当積み上がってるだけなのに
この安定感は神秘ですね?!

振り返ると…この恐怖。
これまた戻るのか(O_O)

寒いと聞いていて…
ある服全部いれてきたんですが…
全然寒くなく…
むしろ緊張感が寒さをかんじさせないのかな…
いつの間にか着替えて…半袖。

必死に岩を掴みながら…

棒が立ってルートはありますが…

自分の登りやすい様に登る感じです。

そして…

頂上へ…


これが一様の頂上の印みたいです(^^;;

頂上からの景色を


怖っ^^

最初は登る気がなかった頂上ですが…
(1人では登ってないと思いますが…)

できれば…頂上まで登るべきですね^ ^

パーティと記念撮影

帰りのRanger station近くの滝…

この風景!!!!!
!(◎
◎;)
以前自分がスプレーアートで描いた…
風景!!!!!


似てる!!!!!!!!!!!

このクレイドル山も…

急にここクレイドル山と自分がリンクし…
自分の作品が具象化された…
サプライズプレゼントを頂いた感じで…
震えました( ̄^ ̄)ゞ

ありがとう!

…早朝のクレイドル山
霧が山を越えてる…^^

さぁ、もうそろそろ帰国…

最後の街…メルボルンへ。

オーストラリア旅…タスマニア

タスマニアのイメージといえば…
手付かずの自然。

その雄大さをどうぞ!


ホバートの町…。
かなり町ですね。
島全体からもう自然が始まってる最初のイメージでしたが…

そりゃそうか…
日本にサムライがいる発想でしたね(^^;;

とにかくタスマニアに詳しい日本人に…
1つだけ観光するならと聞いたところ…

“クレイドル山”

ホバートに泊まらず…
その日のうちに…クレイドル山のある…
セントクレア湖国立公園に。

もちろんツアーに参加せず…
片道2.5時間ランセストンという町でバスを乗り継ぎ…さらに2時間…
ホバートクレイドル山…
バス代がYHA値引き$20位あり…
往復$166で行きます。

その前にホバートとランセストンの風景を少し…

ホバートの港
港がキレイな町です。

そして…2時間先の町

ランセストンのカタロクト峡谷


揺れる吊橋…

オーストラリアで会う日本人は…
ワーキングホリデーで働きに来てる人が殆どです。

田舎の方が稼ぎがいいらしいですが…
バッパーの掃除してた人は…
英語が下手でしたが時給$20(O_O)
英語が上手だと給料がいいらしいが…

農場で働いていた日本人達は…
番号で呼ばれてたらしく…
その人はフィフゥティーンでした(^^;;

いきなりオーストラリアに来て…
探し方も分からないけど…
宿を探し…仕事を探し…
1年間…何かを得ようとしてる人にも会いました…

それぞれみんな…
今、自分が積み上げた山よりも…
大きな土台で…
これからみんなが積み上げる山が楽しみです(^^)

今日の晩御飯…(ーー;)

オーストラリア旅…カタジュタ

エアーズロックに来たけど…
ハエの多さが印象の強い人もいたり…

キングズキャニオンも…
“よかったけど…疲れた…”と
メインディッシュばかり食べ過ぎるのも…と
エアーズロック周辺観光に絞りました。

カタジュタ


…歩きながら日焼けしよ(^^)
昼間は高温で人が少ない場所ですが…
午前中は多少多めです。

とにかく…
写真撮りすぎてメモリーが(ーー;)


風の谷


ひと休み…
おおっ!ワラビー!!
カメラ…?カメラ…?!ああっ…
…さよなら


“ありがとう!”
…決めポーズ(^^;;

カタジュタはまだ緑の多い場所なので
また違った味わいがあります(^^)

ハエは多いですけど(^^;;

時間を気にせず…
ウルルもレンタカーで来たかった場所ですね。
空港で税込1日$80レンタカー。

シドニーCRCで日本の免許の翻訳をしたら…
車を借りられるんですが…
翻訳料が
2日かかり約$150
1週間なら$80
2週間で$50だったかな…

時間と予算が(ーー;)

日本だと国際免許2500円位。

夜の星にも期待が…


展望台へ

おおっ…

天の川…

ちょっと…分かりにくいかな(^^;;

1~2時間外で寝よう(^^;;

ありがとうエアーズロック

次も…
自然を求めて…

… …タスマニアへ…

オーストラリアの旅…エアーズロック2

とにかく…
見たことない大きさの岩が遠目からでも…
存在感を放ってます。

チラッと左端に。

とにかく…興奮。

しかもありがたい事に…
オフシーズンらしく…
暑い昼間は僕だけの観光です。
もちろんツアーに参加せずに…
1人で散策。

それでもたかが20kmの距離…
ホテルから…
エクスプレスバス往復で$65(6500円)
乗り降り自由の2デイズパス$195を購入(ーー;)たかっ。

さらに公園入場料$25。


本当暑い(ーー;)

ドライバーから…
数々のアドバイスをもらい…
1リットルの水を持って…
エアーズロックへ!!!


3時間うろうろしましたが…
1時間に1組くらいしか人に会いません(^^)

もう本当やばいです。
目の前にいる自分が小さい。
しかも1人で楽しめる贅沢。

ハエが耳の中に入らない一瞬…
音が大地に吸い込まれるような…
神聖な静寂…
果てしない大地に…
自分が確実に存在する”個”を感じました。

のんびりして…バスで帰ります(^^)

オーストラリア旅…エアーズロック

震災3年目。
それを少しでも知ってるから…
前よりも今…一生懸命な気がします…

スピリチュアルスポット…

エアーズロックの安宿は…
outback pioneer hotel
1泊$34位だったかな…
日本人の観光客が沢山います。


この砂漠^_^

ツアーで個室の人もいれば…
ツアーでドミトリーの人もいて…

“ドミトリーってこんな雰囲気なんだ”

と海外で初めてのドミで不安そうな人も(^^;;

観光地で贅沢に食事したいが…
高いので…
大体は無料バスで近くのスーパーに買い出しをして…
そうっ…あの安いステーキです(^^;;
自炊してる人が多いかな…


プールもついてますよ。
大体オーストラリアの安宿はプールもついてます。

とにかく荒涼とした…自然に…
バスを下りるなり興奮します(^^)

ただですね…

ハエが…しつこい。


鼻の穴に2匹。

はらっても…はらっても…はらっても…はらっても…はらっても…はらっても…はらっても…はらっても…

耳の穴…鼻の穴…目の中…口の中…
物凄いですよ。


パーカーにハエだらけ…

ハエがいなくなった夜…
寝る時…
顔にハエが触れた感覚だけが残ってるんですよ(ーー;)

いちよう…網帽子売ってますけど…

さぁ…
まず…
エアーズロックの…

夕日を…

どうぞ!


興奮の舞…(^^;;

明日に続く…(^^;;

オーストラリア旅…ダーウイン2

オーストラリア初…
ツアーに参加しました。

リッチフィールド国立公園へ。
$95
あ~もう国際免許があれば…(ーー;)

シェアすれば安く済むのに…

オーストラリア長期は国際免許マストアイテムですよ。

雨季に晴天…(^^)ありがたい。
おととい来た人は道路が冠水してたらしいです。

ツアーの場合…
いい景色があっても途中で止まれないんですよね。
“おっこの景色!”
写真を撮り…あ~行っちゃった(-。-;的な

その代わり効率よく回れるし…
仲間がいる…
ガイドの英語はわかりませんがね(ーー;)

アリ塚

なになに…
黄色お腹のアリは食べれると…

あ~アジア人代表で食べる羽目に(^^;;

♪───O(≧∇≦)O────♪
すっぱーーーーい。

みんな笑ってる…

レモン汁の様な…

「すっぱいでしょう!!」ガイド。

先にいってよ(^^;;

おおっ!!!
いきなり壮大な景色!!


ここが象徴的な滝らしいです。

いや~20分はのんびりしたい……

えっもう出発!!!
….5分で。(ーー;)

次は…
滝下へ


滝かぶってるし…
ツアーの人は適当に撮るからな…(^^;;

外国観光客の方は…
過程で写真を撮ってる僕と違って…
目的地にしか興味がないようで…
目的地に着くと2~3枚写真を撮って…
はいっバスへリターン(¬_¬)
過程がゴールでもある僕と温度差を感じますね(ーー;)

ランチ


ハンバーガー1個。

アジアのツアーに参加した経験上…
ツアーの食事は最初から期待してません。
量も少なく…適当なメニューだったり…

とにかく余りそうな野菜をのせまくり(^^;;
せめてもう1個食べたいなぁ…

後半は…アトラクションで滝壺スイム。



こういう事も…
アジア旅ですでに経験してるなぁ(ーー;)

高額の規則正しく…
進むツアーもいいんですけど…
たまたま人に聞きながら…
多少…汗してみつけた…
交通費$3の夕日の方が感動が大きい…場合も。

例えるなら…

今回は…
大味のフルコース(ツアー)よりも
自分で育てた1本の野菜(夕日)が美味しかった感じですかね(^^;;
今回は。

汗して感動を見つける為…
今回の旅のメイン…
エアーズロックに行きますかっ(^^;;

オーストラリア旅…ダーウイン

マレーシア航空消息不明が気になりますね(O_O)
帰りはマレーシア経由なので(O_O)

ところで…
バイロンベイのYHAに泊まってたので…
安全にカバンがありました^^;

ふ~ε-(´∀`; )

ベトナムでiPhoneひったくりられた時よりは冷静でしたけど…汗った。

時に…
たまたま飛行機のチケットが安いと…
ルートを変更したり…。
(オーストラリアの移動は飛行機が安いんです)

ダーウインへ!

ダーウィンの街…
雨季だと知らずに…

奥の暗雲が物凄い雨を降らせました。

そして街には…
アボリジニの人達がうじゃうじゃ。
向こうからしたら…
西洋人がうじゃうじゃでしょう。

ここダーウインでは目のうつろなアボリジニを多く見かけます。
政府から補助金が出ているらしいんですが…
ドラッグなのかな…
彼らは時に横柄で…
時に子供っぽい態度を見せながら…
ここは俺達の土地だ…と

“言葉にしない語りを目で聞きます”

パースで見れなかった夕日を…
暇つぶしがてら来た”CULLEN BAY”



雨が降った後の雲と光に…
今までにない荘厳なものを感じました。
これ本当やばかったです。

やばっ^ ^

“CULLEN BAY”沿いの階段を上がった所に急に広い芝生があるのを見つけました。
そこが夕日ベスポジ。


夕日前の逆立ち^^;

女の子…

…調子よくなったのか…
何回もポーズをとり…
何枚も写真を撮らされた^^;笑

ここの夕日は絶対ですよ^ ^

明日は何しよ

…食事中

オーストラリア旅…ニンビン村

オーストラリアの好きな景色のひとつは雲。



バスの中からでも容赦無く存在感をアピールしてきます。

ニンビン岩

毎回…自分の言葉として…
旅をするたびにいってるんですが…

「旅行は見に行く…旅は知りに行く。」

ニンビン村到着

さらに時間の流れが遅くなるのを肌で感じるでしょう^^

ショップも独特の物を販売してます^ ^

少しこの時間の流れの中…
急に練習したくなりました^
^;


ニンビンスケートパーク

いや~数日居たいな…

ただ…村に…海があれば^^;

あっ((((;゚Д゚)))))))m〒*3〒×5(\°…!!!!!!

パスポートの入ったカバン…
宿に忘れた!!!!((((;゚Д゚)))))))×%2