「2018ジャカルタひとり旅」カテゴリーアーカイブ

#ジャカルタ #ひとり旅 4 ラスト

ジャカルタの南に来ると…

デパートやオフィスなど発展しているジャカルタらしい景色があります。

それとは裏腹に取り残されたエリアがあります。

Pantai mutiaraという日本でいえば横浜みなとみらいの地区のすぐ裏に…

ゴミの上に暮らす人々のエリアがあります。

ジャカルタの印象は…

渋滞…

におい…

そしてギャップ…

伊勢海老やクルージングなど楽しめる…とても豊かなPantai area

本当にこのエリアのすぐ裏に…

貧富のギャップがあります。

こんなに身近にギャップを感じた国を訪問した経験がなく…

ただただ僕を連れてきたガイドとゴミのエリアにしばらくボーッとしてました。

観光は見に行く…

旅は知りにいく…

イスティクラル(イスラム教のモスク)は特に貧しいエリアに暮らす人達の心の支えになる場所になるのかな…。

#ジャカルタ #ひとり旅 3

コタ地区はジャカルタの旧市街地。

歴史博物館のエリアは…

ヨーロッパの街並みが見れて、このエリアの外の喧騒を忘れられます(^^;

学生たちの性格の明るさに国境は関係ありませんね(*^-^)

ひとり旅なので写真を自分で撮ったり、頼んだり。

行政から雇われていそうなパフォーマーが、ちらほら。

バリ島はバイクレンタルして、まわりましたが、ジャカルタの交通事情を見ると…

バイクレンタルする気には慣れず、もっぱらバイクアプリタクシーGrabが大活躍!

やっぱり以前行ったバリ島の観光資源の豊富さは…

同じインドネシアのジャカルタよりも圧倒的豊富でした(^^;

#ジャカルタ #ひとり旅 2

大きくてキレイなジャカルタの国際空港。

ただイミグレーションを出るのに約1時間半…大混雑(゜ロ゜)

ジャカルタは頭にベールをしたイスラム教徒が多い国です。

宗教に鈍感な日本人には少し異様な光景かもしれませんね。

さらに人の混雑は通りに出ても(゜ロ゜)

この混雑を見るとジャカルタで車移動は極力避けたくなります(・・;)

ジャカルタの印象は…
・渋滞…
・ギャップ…
・におい…


街を流れる川からヘドロのにおいが、ときどき所々で漂ってます。

行政と市民が力を合わせて改善してほしい課題ですね( ´~`)

街を散歩してると自分の本名のカフェを見つけました↓

なんか旅に出ると…
ネコが現れただけで喜ぶ観光客のように,
何気ない何か自分の名前でも喜びを感じることもあります。(^^;

この日のジャカルタの夜景は…
すでにひったくられた後の心の慰めになりました。

#ジャカルタ #ひとり旅 1~ひったくりの状況

7月に購入したばかりのスマホ・・

初日にジャカルタでひったくられ・・

インドネシアでは初めての事件。

帰りのフライトスケジュールなど、色んなデータが入ってたので一瞬困りましたが・・ さすがGoogle様!

しっかりとクラウドに入ってました。

さらにベトナムでひったくり経験のある僕はすでに想定の範囲内で・・

いつもスマホを2台持って海外に出かけてます。

さらにさらに海外保険にも入ってますので帰国後また新しいスマホになって戻ってきました。

空港に着いたばかり↓

まさに空港に着いたこの夜に事件は起きました。

普通に路上の屋台で深夜12時くらい小腹を満たした後・・

スマホでバイクタクシーGrabを呼ぶときに、後ろから来た15~6歳の少年達にバイクでひったくられました。

ベトナムではかなりパニックになりましたが・・

今回は自分でも不思議なくらい・・

「あ~あ、またやられた~」とかなり冷静でした。

何人か周りに人はいましたが、ベトナムの時同様、助けはありません。(‘A`)

いざ目の前で事件があると勇気ある行動をとる人は少ないでしょうね(~_~;)

でもこういうのも含めてでも、やはり海外ひとり旅は魅力的です・・。

なかなか人生で2回ひったくられる人も少ないでしょうから(^^;